社会福祉法人 聖友ホーム |聖友乳児院| 児童養護施設 聖友学園|地域小規模児童養護施設 | 東京都杉並区阿佐谷北

【聖友乳児院】新人紹介

【聖友乳児院】新人紹介

保育士・児童指導員

小林桜子

newstaff-h29-b

■聖友ホームを選んだ理由

聖友ホームの理念やビジョンに深く共感したのと、他の乳児院と比べて時間帯などで働きやすい感じだからです。
そして何と言っても聖友乳児院では施設見学会を開催しているので、それに参加してみて、具体的に自分が働く姿を想像できたからです。

■この職場(仕事)の好きなところ・自慢したいところ

この職場の好きなところは沢山あって、その中で1つだけを選ぶのは難しいのですが、何と言っても職員の皆さんの温かさや優しさだと思います。
そしてそんな皆さんが作り上げる行事が愛情で満ち溢れているところが1番の自慢です。

馬場由華

newstaff-h29-baba

■聖友ホームを選んだ理由

縦割り保育なので入所からほとんど環境(部屋、周りの子ども)が変わることなく同じ職員が子どもを見れるので、子どもも寂しい思いをすることも少なく過ごせるのがいいと思った。

■この職場(仕事)の好きなところ・自慢したいところ

職員の方が皆気さくで優しくて、日々大きな笑い声が絶えず、子どもたちものびのびと過ごしている。

喜古知之

newstaff-h29-yoshiko

■この職場(仕事)の好きなところ・自慢したいところ

入職して一緒に働く保育士、児童指導員の皆さんの知識の豊かさ、人材育成(若手のステップアップに向けての声掛け、指導、フォロー等)がしっかりしているところが自慢できるところではないかと思います。
子どもたちと24時間一緒に生活する中では、保育というだけでなく看護面での知識も必要になります。24時間子どもの命を守るという使命があるからこそ、各自が自分の知識を広げる為に弛みなく学び、研修等に積極的に参加しています。その知識や意欲は職員の子どもたちへの愛情の結晶なのだと感じることができます。
人材育成においてもプリセプター制度だけでなく、日々の仕事の中での疑問や、若手の(声になる前の)表情・様子の変化に気付いて声を掛けてくれる職員がたくさんいます。
すべての職員が、単なる仕事という思いを超えた、親・家族というような愛情で子どもたちに真摯に向き合っているところ、若手にも常に気を配っているところは、どの職場よりも自慢できるところです。

 ■感動、驚き、発見など、印象的なエピソード

初めて新生児室での授乳で、自分の両手に収まるくらいの、まだへその緒がついた小さな新生児がミルクを飲み、小さい命ながらも懸命に大きくなろうとする姿に感動しました。
これまで保育園や親族に授乳をするという機会もありましたが、「おなかがすいたよ」と泣いて訴える新生児が授乳で満たされ落ち着いて、穏やかな幸せな表情になるのは、どんな境遇の子でも変わることはないのを改めて知ることができました。
また、両手に収まるくらいの小さな子が日に日に大きくなり、表情も豊になっていく姿を見ることは、とても大きな幸せです。

看護師

岩下真紀

newstaff-h29-iwashita

■入所して楽しかったこと

子どもたちに、毎日何らかの成長がみられること。
昨日までできていなかったこと、ニコニコと笑いながらハイハイしたり、立ったり歩いたり、しゃべったりしている姿を見るとこちらも楽しくなります。

■感動・驚き・発見など、印象的なエピソード

岩下と大人でも覚えるのが難しい名字、子どもたちも4文字の名字を覚えるのは難しく、ずっと「テ(セ)ンセイ」か用件だけを伝えるだけだったのが、いきなり「イワシタ」「イワシタタン」「イワシタテンテイ」と呼ばれたとき、感動しました。
遠足で行った水族館で鰯を見てからは「イワシタン」呼ばれることが多くなったのも、子どもたちの情報の吸収力に驚きました。

梅津芳江

newstaff-h29-umezu

■聖友ホームを選んだ理由

アットホームな雰囲気で、働いている人達が生き生きとしていて安心できたからです。

■入所して楽しかったこと

子どもたちのかわいい瞬間をたくさん見れたり、少しずつ仲良くなれたことです。

心理士

菊池聡美

■入所して楽しかったこと

子どもたちの笑った顔、泣いた顔など色々な表情に触れられること

■この職場(仕事)の好きなところ・自慢したいところ

子どもの小さな成長、大きな成長を見させてもらえる

治療指導員

榎本静花

■入所して楽しかったこと

子どもたちが明るく成長していく姿が見れること

■感動、驚き、発見など、印象的なエピソード

子どもの1ヶ月と大人の1ヶ月が、全然違うと実感しました。
1ヶ月の間に、どんどんできることが増えていくのを見て、とても驚きました。

家庭支援

中山明代

newstaff-h29-nakyama

■この職場(仕事)の好きなところ・自慢したいところ

お預かりするお一人お一人の子どもたちの命をつなぐため、職員の皆さんの思いと実践もつながれています。
それは言葉では表現できない子どもの思いをくみ取り、様々なアプローチから模索し、職員間で伝達、共有しその子どもに対してのベストの対応を探り当てる姿勢と実践の中に、感じることができます。
自分も先輩方のように、聖友乳児院の一員として、子どもたちの思いをくみ取り、追い求める者で在りたいと感じています。

■感動、驚き、発見など、印象的なエピソード

乳児とご家族の面会の様子に触れるなかで、思わされることがあります。それはご家族の表情や言葉かけで、幼子が笑ったり、手足を動かしたり、声を上げたりなど、子どもの心が弾んで見えることです。かわいいね。会いたかったよ。元気かな。すごいね。大きくなったね・・・言葉の調子も、種類も、それぞれで、オリジナルで、家族のかたちがあって、みんな素晴らしいなと感じます。ご家族がかけてくださることばの意味が、たとえご本人に分からないとしても、そのことばは確かに子どものどこかに積まれ、子どもの心と体を作るのに大きな意味を持つように感じています。ご家族の思いがことばになって、子どもの心の根に注がれるとき、とてもあたたかで尊いものに触れることのできる瞬間だと思わされます。

調理師

志賀貯子

newstaff-h29-shiga

■聖友ホームを選んだ理由

私自身子育ても終わり、若い頃から福祉に興味があったので、選びました。

■この職場(仕事)の好きなところ、自慢したところ

調理ですけど、子どもたちとふれあえることができることが、私にとっては嬉しいです。

用務員

岩井真紀

newstaff-h29-iwai

■入所して楽しかったこと

多職種の中で働く環境は初めてでしたが、仕事を通じて色々な方と出会えてとても楽しいです。

■感動・驚き・発見など、印象的なエピソード

子どもたちがちょっとの時間で成長していくことに驚きました。
毎日元気良く笑顔ですくすくと育ってくれたらと思います。
まだまだ不慣れなこともありますが、用務員として出来る事をやっていきたいと思います。

事務員

高橋亜姫穂

■聖友ホームを選んだ理由

(HPで見た)聖友ホームの理念に魅かれたので。

■入所して楽しかったこと

阿佐ヶ谷姉妹に会える

■この職場(仕事)の好きなところ・自慢したいところ

事務と言う職種の性質上直接的ではないが、措置費やサービス費の申請といった子どもたちの生活の基盤を支え守ることができるところ

■感動、驚き、発見など、印象的なエピソード

屋上から富士山が見える!

PAGETOP
Copyright © 社会福祉法人 聖友ホーム All Rights Reserved.